HAKUA_HP_visual_image.png

t_TOP.pngt_TOP.pngt_info.pngt_info.pngt_story.pngt_story.pngt_staff.pngt_staff.pngt_Q.pngt_Q.png

t_story.png

約5年半の大天守保存修理を終え、
月明かりの夜に、白鷺のように白く輝く
世界遺産 “姫路城”

統と共に歩んできた歴史、輝ける未来を
プロジェクションマッピングとともに巡る

姫路光絵巻『HAKUA』-新たなる羽ばたき-

白亜の輝ける翼を広げ 今再び・・・

story_01.png

風を呼びこの地に芽出る命
荒波にもまれ たどり着いた大地は
豊かに人々の四季を彩らん
白亜の城 この「ひめのみち」がつくられた。

story_02.png

凍てついたように静かな
雪降る夜に 耳をすませば
産声高く泣く子 後の黒田官兵衛なり
ひめのみち」の歴史をまばゆく染める
集い、争い、そして舞う。

story_03.png

いまこの姫路のあふれるほどの豊潤な自然
その地に暮らすあたたかな人々
歴史と文化薫る「ひめのみち」の
輝かしい誇り高き未来を 創造す。


story_04.png

漆黒の夜 月明かりに照らされこぼれるほど繊細に輝く サギソウ 
今再び 産声をあげ 大きな翼を広げ飛び立たん
新たなる出発を期し 今宵のみはと
嘗てないほど盛大に華やぐ。



t_yokoku01.png




t_yokoku02.png




t_himeji.png

45年振りの本格修理

昭和39年に完了した解体復元工事から45年が過ぎ、
漆喰壁をはじめ上層部の軒やひさしに傷みや汚れが激しくなってきたため、
平成21年10月に姫路城大天守の保存修理工事を開始。

昭和の大修理時は全面解体の大規模な修理でしたが、
今回は漆喰の塗替えや破損瓦の取替えなどを行いました。
国宝であり世界文化遺産である大天守の保存修理工事は、長期にわたる大規模なものとなりました。

そして遂に2015年3月27日にグランドオープン